住民登録している市区町村役場に印鑑登録の窓口があります。ここに規定の印章を持参して、申請手続きを行います。本人が申請するのが原則ですが、理由があって行けない場合は代理人に依頼することもできます。ただし、代理人は本人の委任状を持参しなければなりません。登録にはいくつかの条件が定められていますので、あらかじめ確かめて二度手間にならないように注意してください。なお、大切な実印ですから量産されている三文判などは避け、姓と名の入った印鑑をおすすめします。

住民基本台帳(外国人の場合は外国人登録原票)に登録されている氏名に限る。

印鑑登録する本人の年齢が満15歳以上。

フルネームまたは姓、名のいずれか、および氏と名の一部を組み合わせたもの。

印影の大きさが直径8mm以上、25mm以内の正方形に納まるもの。

印材がゴム印、プレス印など変形しやすいものを除く。

*市区町村によって登録条件が異なる場合がありますので、直接ご確認ください。

あらかじめ市区町村に登録している実印の印影が同一であることを市区町村長が証明するのが印鑑証明書です。また、印鑑登録時に交付される印鑑登録証を持参すれば、登録印鑑を持って行かなくても印鑑証明書を得ることができます。